2017年08月23日

城まにあ 岐阜県山県市 佐野城

大類伸 氏が1966年に著した「日本城郭全集7」によると、山県市の旧・美山地区にある佐野という地域の山沿いに貴船神社があるのですが、その北の山に佐野城という城があったそうです

IMG_2223.jpg
佐野地区の貴船神社

IMG_7130.jpg
貴船神社

「日本城郭全集7」によると
この城は、土岐氏の臣・高瀬六郎左衛門が住んでいたそうです
天文4年(1535)頃、土岐氏が本拠を大桑城に移した際、家臣の多くが佐野村に住んだとされているのでその頃築城されたのではないかと考えられています

高瀬氏の子孫は佐野村民となり、現在は早川氏を名乗っているそうです

posted by 塩谷建設株式会社 at 09:23| Comment(0) | 岐阜県山県市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

城まにあ 岐阜市 西郷城

日本城郭全集7(1966年 著:大類伸)によると、岐阜市の西郷地区で本巣市に食い込んだ地点、弥勒寺の近くに西郷城というするがあったそうです

現在そのあたりには「八幡神社」がありますね
IMG_0154.jpg

日本城郭全集には、土岐左京太夫頼益弟・西郷上総介頼音が方県郡西郷に住んだという「本巣郡史・上巻」の記載を紹介しています
また、頼音の子に次郎光卿、その子に小二郎益音がいたそうです

また、昭和57年に西郷の歴史刊行会が編纂した「西郷の歴史」には福地甲斐という人物が在城したと記録されています
また、織田信長の時代は信長の伯母・比丘尼御渇式様の安国寺が西郷地区を領有したとあり、織田秀信滅亡後は黒野城・加藤左衛門尉が領有したそうで、この時代には西郷城は廃城になっていたようです

現在城址等は残っていません
posted by 塩谷建設株式会社 at 11:42| Comment(0) | 岐阜県岐阜市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。