2018年09月27日

城まにあ 岐阜県岐阜市 彦坂城

岐阜市に彦坂城という城があったそうです。

1966年に大類伸 氏が著した「日本城郭全集7」には、旧高富線高富の西側と書かれています。
場所的には岐阜市に彦坂という地名があり、そこに若宮八幡神社があり、周辺に集落があります
おそらくこの集落の中だったのではないでしょうか

IMG_0032.jpg
若宮八幡神社

IMG_0033.jpg


1991年、愛知県姓氏歴史人物大辞典編纂委員会が編纂した「角川日本姓氏歴史人物大辞典」によると、彦坂城は清和源氏満政流の流れで浦野太郎重直の子・浦野蔵人重親が築城し、彦坂氏を称したたそうです。

重親の後、承聖→重源→重光と続き、重光より3代子孫の孫左衛門宗重は、親鸞の弟子となって下間氏を称したそうです

その後、九兵衛重久が今川氏に仕え山田意久と称した後、姓を彦坂に戻しましたが、彦坂意久は今川義元が織田信秀(信長の父)に大敗した田原合戦で討死しました。

その子・彦坂成光は現在の田原町に移り住み、本多広季(徳川家康家臣・田原城主)に属し、その子・彦坂光正は長久手の戦いで戦功を挙げ、後に駿府町奉行となったそうです。
posted by 塩谷建設株式会社 at 18:08| Comment(0) | 岐阜県岐阜市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。