2017年03月20日

城まにあ 岐阜県岐阜市 木田城

岐阜市立木田小学校より東側に中世の遺跡があるそうです

その場所は
IMG_0077.jpg
堤防沿いにある 福満神社から

IMG_0078.jpg
同じく堤防沿いにある佛心寺近辺のようです


昭和57年に西郷の歴史刊行会が編修した「西郷の歴史」によると、
源美濃守満政の曾孫・源重宗が美濃に土着し、その次男・重長が東有武郷に住んで木田三郎を称したのが始まりだそうです。
その一党は方県郡に広がり、平清盛の専横に対し以仁王をかついで兵を挙げた源頼政が、兵を挙げる前に各地の有力源氏の名を以仁王に上げた中に木田三郎とその子開田判官重国の名が、安食次郎重頼の名と共にあったそうですので、結構勢いがあったのでしょう
木田三郎重長は源行家が平重衛に敗れた「墨俣合戦」で戦死してしまいます
その後、承久の乱では息子の開田重国とその子の木田又太郎重知、甥の木田太郎重季が上皇側に味方して戦死したようです。

平成27年 木田隆夫氏が著した「木田家のルーツを尋ねる」によると
室町時代、木田氏は木田義宜の代で源氏の地場である摂津国多田郷(大阪府)に移り塩川氏に従ったそうです。応仁の乱では摂津・河内(大阪府)阿波(徳島県)の賊を退け子の木田重正と共に戦功を挙げた記録があります
しかし、永禄の頃(1558〜1570)塩川氏が没落すると木田善氏の代で帰農し、その後、江戸時代・万治の頃(1658〜1660)木田重躬の代で両替商を始めたそうです

おそらく、多田に移った室町のころに廃城となったのではないでしょうか?
現在はなにもありません。また、このあたりは洪水が繰り返し発生したので、川の中かもしれませんね
posted by 塩谷建設株式会社 at 21:01| Comment(1) | 岐阜県岐阜市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拙著『木田家のルーツを尋ねる―石碑の銘文に導かれて』を読んでくださったそうです。美濃時代の木田氏に関しては、正徳元年(1711)に書かれた、源重長(木田三郎重長)から始まる「木田中村系図」に書き込まれた市量子化手元にありません。西郷歴史刊行会編の『西郷の歴史』の他に、この時期の木田三郎重長をはじめとする木田氏に係る資料・書籍があればご教示ください。
 
Posted by 木田隆夫 at 2017年09月13日 09:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。