2017年12月01日

城まにあ 岐阜県大垣市 楽田城

大垣市が昭和43年に編集した「新修大垣市」及び昭和60年に清水春という方が著した「大垣の古城」に、大垣市楽田の八幡神社付近に「楽田城」という城があったそうです

IMG_4680.jpg
IMG_0157.jpg
楽田の八幡神社


 永享(1429〜1440)嘉吉(1441〜1443)の頃、美濃国石津郡高須郷の地頭職であった氏家重国の末裔・氏家志摩守盛国が居城し、嘉吉3年(1443)に盛国が没すると、子の氏家志摩守泰国が城主となったそうです
泰国の後を孫で石津郡牧田城主・氏家行隆の子・氏家常陸介直元(卜全)が入場したが、永禄2年(1559)に大垣城へ移りました
天正3年(1575)に卜全の子・氏家左京亮直重が城主となるが、天正8年(1580)に大垣城へ移ったとされます

慶長5年(1600)の関ケ原の合戦で、一時楽田城跡に西軍の島津隊が布陣したとあるので、この頃には廃城となっていたようです
posted by 塩谷建設株式会社 at 16:09| Comment(0) | 岐阜県大垣市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。