2017年08月04日

城まにあ 岐阜市 西郷城

日本城郭全集7(1966年 著:大類伸)によると、岐阜市の西郷地区で本巣市に食い込んだ地点、弥勒寺の近くに西郷城というするがあったそうです

現在そのあたりには「八幡神社」がありますね
IMG_0154.jpg

日本城郭全集には、土岐左京太夫頼益弟・西郷上総介頼音が方県郡西郷に住んだという「本巣郡史・上巻」の記載を紹介しています
また、頼音の子に次郎光卿、その子に小二郎益音がいたそうです

また、昭和57年に西郷の歴史刊行会が編纂した「西郷の歴史」には福地甲斐という人物が在城したと記録されています
また、織田信長の時代は信長の伯母・比丘尼御渇式様の安国寺が西郷地区を領有したとあり、織田秀信滅亡後は黒野城・加藤左衛門尉が領有したそうで、この時代には西郷城は廃城になっていたようです

現在城址等は残っていません
posted by 塩谷建設株式会社 at 11:42| Comment(0) | 岐阜県岐阜市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

城まにあ 岐阜県海津市 河戸城

1966年 大類伸さんが著した「日本城郭全集7」によると
海津市南濃町上野河戸にかつて河戸城(こうずじょう)という城があったそうです

河戸城は、海津市にある日本武尊の杖衝坂あたりにあったそうです

IMG_8359.jpg
日本武尊の杖衝坂

日本武尊の杖衝坂とは、日本最古の歴史書「古事記」に日本武尊が伊吹山で冷たい氷雨に合い重病になり、養老山地の東側にあった伊勢街道を通って故郷・大和国に帰る途中、このあたりが急な坂道だったので杖にすがりつきながらあえぎあえぎ進んだという言い伝えのある場所です

この場所と東側の川との間あたりにあったそうなので
IMG_2127.jpg
このあたりでしょうか

河戸城は平治元年(1159)頃、河戸七郎によって築城されたそうです
河戸七郎は平家の武将で、この地に塁壁を構えていたので当地の地名を取って河戸七郎と名乗っていたようです
河戸城は当時より河の関所と呼ばれて、関所としてかなり重要視されていたそうです
そこの守りを任されていた河戸七郎ですが、平家の者でありながら平治の乱では、敗れて柴船に乗って落ちてゆく源義朝(源頼朝の父)を、調べもせずに見逃してやったそうです
そのためか、建久4年(1194)源頼朝が平氏の残党を追悼した際、河戸七郎は見逃されたそうです

その後、鎌倉幕府の時代、土岐美濃守光衝が守護になった時も、当地は重要な地点として判官代が置かれ、
河戸七郎の後裔の郡戸七郎が着いたそうです。
posted by 塩谷建設株式会社 at 17:28| Comment(0) | 岐阜県海津市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

城まにあ 岐阜市 瑞龍寺城(上加納城)

岐阜城がそびえる金華山の南に、瑞龍寺山という山があります

IMG_0207.jpg
水道山・上加納山ともいわれますが、かつてその山にはお城があったようです

大類伸さんが1966年に著した「日本の城郭全集7」には、
土岐政権時代(1445〜1497)の城が「上加納城」、斎藤政権以後(1565頃)の城を「瑞龍寺山城」と分けて記載されています。

 上加納城は文永2年(1445)第7代美濃国守護・土岐持益の執権であった斎藤帯刀左衛門尉利永が、下加納城の対の城としてこの地に初めて城を築いたそうです。そして、利永の子で第8代美濃国守護・土岐成頼の執権であった斎藤越前守利藤、その子・斎藤新四郎利国、その弟・斎藤豊後守利隆まで代々居城したそうです。中でも、第9代美濃国守護・土岐政房、第10代美濃国守護・土岐頼武、第11代美濃国守護・土岐頼芸といった3代の執権を務めた斎藤豊後守利隆は、斎藤利国の嫡孫・斎藤新四郎利良が幼少であったため、明応6年(1497)に竹鼻城より移り住んだという記録もあります
 その後、天文4年(1535)頃、第11代守護・土岐頼芸が大桑城に守護所を移したので廃城となったようです。

 その後、斎藤道三が美濃の国主になり稲葉山城を居城にすると、南方防備のために瑞龍寺山に城を築きます。それを日本の城郭全集7では「瑞龍寺城」としています。
 「信長公記」には、永禄7年(1565)に織田信長が稲葉山城の斎藤竜興を責める際、「井ノ口山のつづき、瑞龍山へ駆け上られ候」と記載されています。西美濃三人衆が織田方に寝返った法を伊勢で聞いた織田信長は、疾風のような速さで美濃に攻め込み瑞龍寺城を落として拠点としたと書かれています。
 また、慶長5年(1600)関ケ原の合戦の前哨戦で、福島正則・黒田長政ら東軍の先方隊が岐阜城の織田秀信を責めた際は、秀信救援の為援軍で来ていた石田三成の臣・柏原彦右衛門が守っていましたが、浅野幸長に攻め落とされたそうです
戦後、徳川家康は岐阜城を廃し、加納城を築城したのでそのころ廃城となったと思われます

瑞龍寺山はそんなに高くない山です。登り口はいろいろありますが、南西の公園からも登山できます
IMG_0214.jpg
遊歩道のような登山道

IMG_0215.jpg
登山道は整備されています

IMG_0216.jpg
知っている人には懐かしい、リフト乗り場跡です

IMG_0218.jpg
頂上には展望台になっています。車でも行けますよ
posted by 塩谷建設株式会社 at 10:52| Comment(0) | 岐阜県岐阜市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。